So-net無料ブログ作成

『イエスの王朝』 [新刊!]

 「イエス・キリスト」を人名辞典でひくと、(誕生年には諸説があるが)紀元前五年前後に生まれ、紀元二十九年に磔刑により死亡した、とされている。実在したイエスを歴史はそう解釈している。信仰上のイエスとは別の生身のイエス・キリストがそこにある。
『イエスの王朝』で作者テイバーは、ダビデ王の末裔であるイエスが、洗礼者ヨハネと連携して「ふたりのメシア運動」を展開し、一族をひきいて、王朝を打ち立てた、と唱える。
 そしてこの「王朝」という衝撃的な言葉について、旧約・新約聖書・聖書外典などを根拠に、論証してゆく。ちなみにメシアとはヘブライ語で「頭に油を注がれたもの」(キリストはこのギリシャ語の同義語が語源)を意味する。これは王の即位の儀式に由来する。つまり、メシア=「王」という考えかたもある。
 テイバーは、イエスの生い立ちや、謎になっている年月、洗礼者ヨハネの運動、「王朝」を引き継いだイエスの弟ヤコブの動きを、パレスチナという土地をよく知る歴史学者・考古学者・古代言語学者・聖書学者として考察する。狭い範囲の学問に偏っておらず、フィールドワークもじゅうぶんなので、読み物としてじつに面白い! 図版も多数ある。
 テイバーは、聖書を史的言語学によって翻訳するthe Original Bible Projectの編集責任者でもあり、その聖書解釈は信頼性が高い。イエスにまつわる書物は多いが、これは必読の書のひとつだろう。
(伏見威蕃・黒川由美共訳でソフトバンククリエイティブより5月刊行予定)

イエスの王朝 一族の秘められた歴史

イエスの王朝 一族の秘められた歴史

  • 作者: ジェイムズ・D・テイバー
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2006/05/20
  • メディア: 単行本


nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。