So-net無料ブログ作成

『アメリカ最強の特殊戦部隊が「国家の敵」を倒すまで』マーク・オーウェン [本・読書]

この邦題はなんでしょうね? 副題にすればよいのでは。もうひとついただけないのは、地の文の一人称が「おれ」であることだ。ノンフィクションはハードボイルドとはちがうのだから、「私」(漢字)にして、会話で「おれ」を使えばいい。それに、特殊部隊のなかでもっとも精鋭であるDEVGRUの隊員が、ハイスクールのフットボールチームのメンバーみたいなしゃべりかたをするのも奇妙だ。特殊部隊員は、体力だけではなく、知力も高いことが知られている。あと、AC-130ガンシップになぜかローターがあるなど(ヘリコプターの略称はH、これ常識)、疎漏はあるが、文章はまあまあ読みやすい。」
アメリカ最強の特殊戦闘部隊が「国家の敵」を倒すまで NO EASY DAY

アメリカ最強の特殊戦闘部隊が「国家の敵」を倒すまで NO EASY DAY

  • 作者: マーク・オーウェン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/11/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0) 
共通テーマ:

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。