So-net無料ブログ作成

『中国軍を駆逐せよ ゴースト・フリート出撃す』シンガー&コール [新刊!]

ふたりとも小説では新人だが、軍事の専門家であり、しかも人間が書けているので、すこぶる面白い。これは掘り出し物だった。近未来、中国の宇宙攻撃とサイバー攻撃から、米中戦争がはじまる。中国は「第三列島線」を主唱し、太平洋に押し出す。アメリカの兵器の多くは、マルウェアが仕込まれたマイクロチップを使っているため、手も足も出ない。ローテクで反撃せざるをえない。そういう米海軍の主力は、「幽霊艦隊」(ゴースト・フリート)として現役をしりぞいていたミサイル駆逐艦〈ズムウォルト〉。老朽化したF‐15戦闘機も、汚染されたチップが使われていなかったので決戦に挑む。さらに、宇宙やサイバー戦でも、アメリカの反撃が開始される。ハイテク軍事スリラーの枠を超えた、血沸き肉踊る海洋冒険小説だ。激戦のさなか、登場人物たちに近しいものの死に胸が痛む。訳していて、このジャンルの最高傑作「女王陛下のユリシーズ号」をちょっと思い出した。


中国軍を駆逐せよ!  ゴースト・フリート出撃す(上) (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

中国軍を駆逐せよ! ゴースト・フリート出撃す(上) (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

  • 作者: P.W.シンガー
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2016/01/21
  • メディア: 文庫



中国軍を駆逐せよ!  ゴースト・フリート出撃す(下) (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

中国軍を駆逐せよ! ゴースト・フリート出撃す(下) (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

  • 作者: P.W.シンガー
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2016/01/21
  • メディア: 文庫




女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV (7))

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV (7))

  • 作者: アリステア・マクリーン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1972/01
  • メディア: 文庫



nice!(1) 
共通テーマ:

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。