So-net無料ブログ作成
検索選択
キッチン ブログトップ

焼き網でトーストを [キッチン]

電子レンジのトースター機能でトーストを焼くというのは、時間もかかるし、電気がもったいない。ガスコンロに載せて使うこの焼き網は、トースト一枚にちょうどいい。あ、でも白いパンは食べませんよ。全粒粉など、色つき(?)パンばかりです。




nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

貝印スライサー [キッチン]

さすが貝印! 切れ味もよく、使い勝手も抜群です。指ガードもあるといいよ。




貝印 SELECT 100 指ガード DH-3021

貝印 SELECT 100 指ガード DH-3021

  • 出版社/メーカー: 貝印
  • メディア: ホーム&キッチン



nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ペリエをまとめ買い [キッチン]

平行輸入品だが、なんの問題もない。ノンアルコールデーは、ペリエに甘夏なんていうのもしゃれている。もちろん、カクテルをつくるのにも便利。この値段だと、気楽に飲めるよね。




Perrier(ペリエ) [並行輸入品]

Perrier(ペリエ) [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: ペリエ
  • メディア: 食品&飲料



Perrier(ペリエ) ライム 750ml×12本 [並行輸入品]

Perrier(ペリエ) ライム 750ml×12本 [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: ペリエ
  • メディア: 食品&飲料



nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ぴかぴかトースターから電気オーブンへ [キッチン]

最近、近所に二軒もたてつづけにいいパン屋ができて、いつでも田舎風パンが買えるようになったので、もうパンドゥミのトーストでなくてもよくなった。で、Vitanntonioのぴかぴかポップアップトースターを廃止し、電気オーブンに入れ替えることにした。これがあれば料理の幅もひろがるものね。




nice!(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

春の宴めにう その2 ラムの香草焼き [キッチン]

今夜はすこしは肝臓のために(?)、ラムを焼いた。温野菜の付け合せは、耐熱容器に入れ、軽く塩をふって2分半チン。夏が香る沖縄トマトは皮を剥いて、ハーブビネガーをふり、軽く塩をする。ホッキ貝のサラダはきのうのつづき。きょうはサム・アダムズを買ってきた。このあとのワインは、スペインはリベラ・デル・ドゥエロの蔵元ボデガス・バルバス、セバージュはテンプラニーリョ90%、カベルネ・ソーヴィニョン10%。コクがあって上品。すこしは節酒しなくちゃ(……以下もにょもにょ)。
IMG_0943000.jpg
nice!(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

タジン鍋 [キッチン]

 ちょっと待ったが(流行ですなあ)。「たち吉」のタジン鍋が届いたので、さっそくピラフ(もどき)をこしらえてみた。イタ米を洗ってしばらく置き、オリーブオイルたまねぎと炒める。それを鍋に入れ、コンソメを薄めに溶かしたのを分量入れて、赤・黄ピーマン、しいたけ、鶏胸肉を載せて、弱火で20分弱、5~6分蒸らしてできあがり。ちょっぴりアルデンテのほうがおいしい。残ったらカレーのライスにもいいよ。ところで、アマゾンには「たち吉」のタジン鍋はないのかな?
IMG_032900.jpgIMG_033100.jpg



有田焼 タジン鍋 21cm(耐熱セラミックプレート) ぶどう絵 ID-09-03

有田焼 タジン鍋 21cm(耐熱セラミックプレート) ぶどう絵 ID-09-03

  • 出版社/メーカー: アイトー
  • メディア: ホーム&キッチン



nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パスタなべ [キッチン]

 ひとり分のパスタをこしらえるのに、湯をいっぱい沸かすのは、なんとなく無駄なような気がするし、手間もかかる。このパスタなべがあれば、電子レンジを使い、少量の水(ひたひたでよい)に塩とオイルをくわえて簡単に茹でることができる。ふつうのスパゲティは半分に折らないといけないが、食べるのには不自由しないし、箸で食べるのにはかえってよいかもしれない。
 取扱説明書にはレシピも載っていて、むろんこれひとつでソースといっしょに作れるのだが、ソースはべつにフライパンでこしらえ、茹で上がったときに加減を見てパスタをそちらに移すほうが、あとでパスタなべを洗うのに苦労することもない。茹でる時間のめやすも書いてあり、付属のスプーンフォークは、パスタを計量するのにも使える。茹で時間の半分でいったん電子レンジをとめて、ちょっと混ぜるのは、むらをなくすためにも必要。こういう手順を説明してあるのは親切だと思う。蓋は湯を切るざるの役目も果たす。




nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クラシックなトースター [キッチン]

 朝はパン派、というわけでもないのだが、電子レンジのオーブン機能では、トーストがかりっと焼けない。そこでついにトースターを買った。できるだけ機能が簡単で、幅もあまり大きくなく、それでいてデザインがよい、というものを探した。
 カシャンという音とともに、こんがりトーストが出てくるのは、やっぱり朝らしくて気持ちがいい。トーストは薄切り派だから、パン・ドゥ・ミを12枚スライスにしてもらうのだが、4枚スライスまではいるようだ。大型の山形パンはちょっときついかもしれないが、クロワッサンやバターロールを温めるための台を上にのせられるようになっている。
 パン・ドゥ・ミは焼くとバゲットっぽくなるので、ガーリックオイルを垂らし、スライスチーズやハムをのせる。朝からいい気分になれば、仕事もはかどるというものだ。




KIF_136700.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
キッチン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。