So-net無料ブログ作成
検索選択
アルコール ブログトップ

ハイニッカ [アルコール]

ほんとうに40年ぶりぐらいに飲んだけど、こんなにうまいウヰスキーだったのですね。ブラックニッカ・クリアブレンドよりぜんぜんよろしい。トリスははなから買う気がしません。復刻版が出るのも愉しみ。最近は、ブラックニッカ・スペシャルとリッチブレンドが多かったのですが、ハイニッカに鞍替えしようかな。だってこの値段で39度、720mlですよ。それにうまい!!!




初号ハイニッカ 復刻版 720ml

初号ハイニッカ 復刻版 720ml

  • 出版社/メーカー: アサヒビール
  • メディア: 食品&飲料



nice!(2) 

夏の料理いろいろ その7 [アルコール]

小さなアヒージョ鍋がひとつあると便利だ。この手の焼き物で気をつけないといけないのは、強火にしないこと。オリーブオイルにんにくさえあれば、なんでも使える。今回はたこを使い、パプリカで色付けをした。
IMG_1323000.jpg



nice!(0) 

ブラックニッカ・リッチブレンド [アルコール]

竹鶴とはまたちがう味わいブレンドで、なかなか成功している。癖がなく、水割りでもうまい。マッカランの線を狙っているのか、とふと思った。この値段なら、かなりお得。700ml、40度というのも、現代のウィスキイの主流の数値だ。アサヒのネットショップでは、送料無料サービス中だよ。
http://beer.asahishop.net/index.php





nice!(0) 

夏のカクテル [アルコール]

 夏はどうしても色水遊びをしたくなる。ウォトカやジンやホワイトラムなどの透明なスピリッツをベースに、色と香りを楽しむ。ミントを使うカクテルというと、代表的なのはモヒートやミントジュレップだが、なに、レシピに従わなくても、ありあわせのものを使えばよいのである。これはフリーザーできりりと冷やしたウォトカに、いただいたアイスワインをぜいたくにも甘みに使い、ソーダもちょっぴり入れたモヒートもどき。要するに、ウォトカを飲みやすくするためのアレンジですね。いやあ、きょうも暑かった……。
KIF_146400.jpg
nice!(0) 

地ウィスキイ「ホワイト・オーク」 [アルコール]

 昔、通勤に2時間近くかかる川越の先の団地に住んでいたころ、駅前の食料品店で、よく一升瓶の地ウィスキイを買って帰った。なにせ給料の三分の一が家賃で、幼いムスメがふたりいるというビンボーなサラリーマンだったのだが、それでもあの時代、焼酎には抵抗があった(しかし中身は大して変わらないだろう)。
 とはいえ、なかなかうまいのもあった。「コルト45」「チェリー」など、それらしい名前がついている。この「ホワイト・オーク」もそのひとつで、兵庫県明石の地ウィスキイ。これは「ホワイト・オーク」のなかでも上級の「クラウン」だが、むろんかつてとおなじ一升瓶の銘柄もまだある。いまはウィスキイと名乗るには、ちゃんと原酒がはいっていないといけないので、スコットランドから輸入してブレンドしているようだ。
 埼玉には知るひとぞ知る「ゴールデン・ホース」という銘酒もあるし、地ウィスキイはなかなかあなどれないのである。
KIF_135100.jpg
nice!(1) 
アルコール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。