So-net無料ブログ作成
検索選択
クッキング ブログトップ
前の10件 | -

鉄のフライパンでクロックムッシュもどきを [クッキング]

IMG_2110.JPG
ハムとチーズを挟み、オリーブオイルをふりかけて焼くだけ。簡単です。




nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

冷麦 [クッキング]

なぜかスーパーでは素麺が威張ってて、冷麦はあまりない。しかし、冷麦はぶっかけにも使えるし、うどんほどゆで時間が長くないので、便利なのだ。このさい、アマゾンで買うことにした。




nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ひじき屋でんすけの長ひじき [クッキング]

このひじきは、そのへんにあるひじきとは大違い。アマゾンでも買えるようになったので、ぜひおためしあれ。



IMG_1589.JPG
nice!(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏の料理いろいろ その6 [クッキング]

蛸を買ってきて、そのまま酢だこではつまらないので、ジェノベーゼ・ペーストであえてサラダにする。オリーブオイルとレモン汁、ワインビネガーですこし薄め、あまりいっぱい使わずに、よく混ぜるのがコツ。IMG_1321000.jpg



ギア ジェノベーゼペースト 130g

ギア ジェノベーゼペースト 130g

  • 出版社/メーカー: ギア
  • メディア: 食品&飲料



nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏の料理いろいろ その5 [クッキング]

といっても、暦の上では秋。スモークサーモンの切り落としを買ってきてサラダ仕立てにした。ドレッシングは、ハーブビネガー、レモン、ケッパー、それに青森ガーリック胡椒をふりかける。ベビーリーフはいつも買っておくし、たまねぎのスライスは常備してある。
IMG_1320000.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏の料理いろいろ その4 [クッキング]

いわしは鯵とちがって身がくずれやすいが、うまみのある魚だ。おろして塩でさっと〆、食べるすこし前に酢にひたす。酢にひたす時間が長すぎると、うまみが逃げてしまうよ。そぎ切りにするときの断面がなんともいえずうまそうになっていたら成功だ。自家製の紅しょうがとしそを添えていただく。
IMG_1301000.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏の料理いろいろ その3 [クッキング]

夏場、枝豆は欠かせない。ことにだだちゃ豆はうまい。おなじ焼酎を飲むのでも、夏は切子のグラスを使いたい。鯵をさばいてタタキやなめろうにするのも定番、茄子は焼いて冷水に浸け、皮を剥く。とても甘みがあるので、しょうゆをつけるのは愚の骨頂。すりおろしたしょうがだけでいただきます。
IMG_1307000.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏の料理いろいろ その2 [クッキング]

できあいのものでも、工夫すればひと味ちがうようになる。これにはコハダの酢〆を使ったのだが、たいがい味が濃いので、1、2時間酢につけて和らげる。あとは塩をさっとふってしんなりさせたきゅうりとわかめ、IMG_1315000.jpg自家製のガリと自家製甘酢漬けみょうがの千切りを散らす。
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏の料理いろいろ その1 [クッキング]

夏はやっぱり欠かせないのが、ラタトゥイユ、もしくはバルサミコ酢を使ったカポナータ、どちらも使う野菜はほぼおなじだ。ズッキーニ、なす、赤ピーマン、たまねぎ、トマト……。レシピはいろいろあるが、トマト以外をいためてから、にんにくとトマトをくわえて煮込むというのが、いちばんいい。あとでべつの野菜やソーセージ、パンチェッタを入れて、カレーにすることもできる。こういうとき便利なのが、「インディアン印」(インド人を誤訳したのではない)のカレー粉。IMG_1316000.jpg



nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Fumiko's Kitchen 狐野扶美子のビストロ料理 [クッキング]

まずしびれたのは、鉄のフライパンを使っていること。テレビで有名シェフが自宅でテフロン加工のフライパンを浸かっているのを見て、たいしたことないなと思ったことがある。鉄のフライパンは熱伝導がぜんぜんちがう。弱火でもよく調理できる。それから、食材や調味料の分量を「大匙いっぱい」というように決めるのは、あまり意味がないという注意書き(ご本人ではなく)にまたしびれる。食材や季節や体調によって味付けはちがうのだから、当然だ。不肖ワタクシも、量るのはラッキョウを漬けるときと、菓子をつくるときだけで、あとはぱっぱっとやる。また、「ビストロ」料理というのがいいですねえ。簡便にしておいしいフレンチだ。グランメゾンもたまにはよいが、近くにビストロがあるといいなあ。フレンチはけっこうあるんだけど。ま、自分で作りましょう。ギンガムチェックテーブルクロスで(いつも敷いてあるが)。

狐野扶実子のビストロ料理 ―フライパンひとつでパリの味

狐野扶実子のビストロ料理 ―フライパンひとつでパリの味




LA CUISINE DE FUMIKO フミコの120皿

LA CUISINE DE FUMIKO フミコの120皿

  • 作者: 狐野 扶実子
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2011/11/15
  • メディア: 単行本



nice!(1) 
共通テーマ:
前の10件 | - クッキング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。